解約返戻金のしくみ
Uncategorized / November 22, 2016

生命保険に加入している時、何らかの理由により解約しなければならない場合もあるでしょう。 解約する際には、解約返戻金が受け取れる保険商品があります。 ●解約返戻金のしくみ 商品によって解約返戻金の金額が異なっており、中には解約返戻金を受け取れない場合もあります。 基本的には保険会社が定める一定期間加入していなければ、解約返戻金を受け取ることができません。 ちなみにこの”一定期間”は、保険商品によっても異なっているため、加入する前にあらかじめ調べておきましょう。 解約返戻金には、受け取れる場合と、受け取れない場合があるのは、保険料がどのように使われているのかを知っておく必要があります。 保険料は、事務経費や付加保険料などに使われ、残った分が保険金として貯蓄されていきます。 つまり、保険料が貯まっていくことにより、貯まった保険金を解約返戻金として受け取れるようになるというわけです。 保険金を受け取れるのは、ほとんどが3年以上継続していた場合と定められていますので、最低でも3年以上は無理なく続けられる保険に加入しましょう。 ちなみに、掛け捨てタイプの生命保険に解約返戻金がないのは、保険金として貯蓄せずに、できるだけ安く抑えているためです。 逆に、養老保険や定期保険のように保険料が高めに設定されていると、貯蓄性が高くなり、解約返戻金が多くなる傾向にあります。 こちらもどうぞ>>>>>口臭対策

カーシェリング費用の相場は?
Uncategorized / November 10, 2016

車シェアリングは、自家用車を持つ場合よりも経済的で、レンタカーよりも気軽に車を利用できる方法です。 ここでは、車シェアリングにはどのぐらいの費用が必要であるのかについて紹介します。 ●車シェアリング費用の相場はどのぐらい? 業者ごとに料金体系は異なっていますが、おおよその相場について以下に紹介していきます。 ・初期費用について 入会金は無料のところも多くなっていますが、高くても5,000円程度で済みます。 なお、ICカードの発行料は、無料のところと、2,000円以内の費用が必要な所があります。 ・利用料金について ここでは、1回あたり3時間利用し、20km車を走らせ、それを1ヶ月に3回行った場合の費用について紹介します。 ミドルカーの場合、6,000~12,000円になります。 コンパクトカーの場合、6,000~9,000円になります。 ・基本料金について ミドルカーもコンパクトカーも1,000円~8,000円となっています。 車シェアリング利用開始月には、初期費用、基本料金、利用料金の合計額の支払いが必要となります。 そして、翌月からは、基本料金と利用料金を支払います。 そのため、車シェアリングを利用する際には、料金体系をしっかり確認することが必要です。 料金体系が明確な業者、距離についての料金は不要な業者、無料利用などのサービスを提供しているところなど、さまざまな業者がありますので、いろいろと比較検討してください。 初期費用の安さばかりではなく、長い目で見て、毎月のおおよその利用料を算出し、細かく検討する必要があります。 PRサイト:iphone7 在庫